田舎暮らしフリーランスこそが村八分を壊すことができる理由

By | 2016年11月24日

なぜイケダハヤト氏は地方で好き勝手ができるのか?

例えばイケダハヤト氏がいわゆる「田舎暮らし」の本山町でいろいろ好き勝手やれているのは、収入を全く地元に依存してないという事があるのですよね。

イケダハヤト氏は知っての通り、自分のウェブサイトでのアフィリエイトとセミナーと称するサークルを作り、そこから集金をしているというのが彼の収入実態だと思います。

つまり、収入源を全く地元に依存してないだからこそ好き勝手ができるのです。

イケダハヤト氏の日常品として買うものは、すべてアマゾンの通販で買っているでしょうし、普段の日常生活にしても、車で下の町に行ってから、まとめ買いをしている、そんな生活スタイルをしているのだと思います。

広告

村八分をさせない生活スタイル

私は別にイケダハヤト氏の言論や行動を肯定的に見るつもりはありませんが、 少なくとも彼の生活スタイルというのは、今まで存在している、村八分であるとか、「ムラの風習」であるとか、そういったものを完全に無視する、もしくは破壊するための1つの方法として考えられ得る手段なのではないでしょうか。

結局、村八分というのは、「田舎暮らし」の、そのムラの中で生きるということを前提として成り立っているわけです。「村八分」の対象者の収入手段であるとか、買い物もしくは食べ物それが全て村の外に依存してると、村八分自体が成り立たないわけです。

おそらく企業は今後、様々な業務の外注化をするでしょう。そうすることによって自称「フリーランス」もしくは、自称「自営業」という人物がかなり増えると思います。そういう人たちが、過疎の地域に入ることは、「村八分の通用しない新しい人材の田舎暮らし」が過疎地域で定着することになります。

私はそのこと自体について非常に好意的に見ます。

広告

古臭い文化を刷新するための言論としてのブログ

私はイケダハヤト氏自体については、薄っぺらな煽り目的の文章でアクセス集めに必死な人物として全く否定的な見方をしています。

しかし、現状の日本社会においてのムラ社会、例えばそこで村八分であるとか伝統芸能の若者への無理やり押し付けであるとか、そういったことについては更に嫌悪感を抱いています。

ムラの都合のそんなものは破壊してしまえば良いと思うのです。 つまり、今後、イケダハヤト氏のような、全く村に依存しない移住者が今後増えることによって、文化の遅れた農村地域に新しい風を送り込めるのではないか、と思うわけです。

まあ、結局イケダハヤト氏は本山町で土地を買わされて、それを弟子に押し付けるか、それとも違法産廃を捨てられるのか?という状況になっているのはさておき、ですが。

広告

    ブログランキング・にほんブログ村へ    


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です