集団主義と日本 日本人の精神構造、行動の根本は三千年間進歩していない

By | 2017年3月4日

日本の根底にある集団主義

私はこのブログに繰り返し書いているのですが、日本の問題の根底にあるものは集団主義があると考えています。それは学校での軍隊的な教育における運動会で、学校生活という名の集団行動であったり、それは社会においても「空気を読む」もしくは同調圧力によるブラック企業の存在、また裁判などにおいて異常なまでの行政側の勝訴率などが集団主義の弊害としてあげる事ができます。


広告


集団主義の時代は終わった

確かに経済成長かの1960年くらいまでは、国民の幸せはひとまず脇に置いておき、国家として発展し、その上で富を配分しましょう、という考えは一定程度理解できます。

それらは、1990年のバブル崩壊まで行われてきましたが、1990年の中間飛行機空や非正規であるなど、全くそれらの集団主義が悪い方向にしか作用していないように私は思えてなりません。


広告


集団主義の原因

ではなぜ集団主義 の 考えがこの日本国にはびこっているのか?それは、このように考える事はできないでしょうか。日本という国は農耕民族で大陸から栽培稲作が伝わってきた時、土地を開墾し、村人総出それらの田植えや稲刈りを行っていました。

つまり 集団の行動でスピードを上げて作業しなければ自らの命に関わるという歴史があったことは事実でしょう。

しかし、農業が機械化されると、それで必要であった集団主義の必要性は薄れたはずです。しかし農協をはじめとする日本の集団主義というマインドは全く変わっていません。

本来、集団主義は技術と理性によって克服されるべきものでしたが、それが未だに何一つ3000年前と変わる事なく続いています。


広告


集団主義は時代に取り残された思想

現在でも、それら集団で行っていた稲作文化が全く抜けきっていない、まるで会社が米を作っているかのような状態です。

それらの集団性は日本人のDNAに刻まれた部分を社会が悪用していると見る事も出来ますし、稲作文化時代から全く日本人は進化していないとも見る事もできます。

先の大戦において日本は世界でも類を見ない自爆攻撃を多数行いましたが、それらは集団主義の究極の結果としての特攻攻撃と見ることもできます。

また、戦後の高度経済成長期も、集団主義における生産能力の向上によって物量的に世界を圧倒した事に他なりません。それらには全て集団主義が関わっています。


広告


集団主義の害悪としての現在の日本社会

さて再び21世紀の日本に戻ります。集団主義は20世紀のある時点までは それでよかったのかも知れません。

日本が製品の輸出者であった時代は、右にならえで全員が工場で何らかの製品を作る、そしてそれを輸出する産業が成り立っていたのですから。

ところが世界の工場は中国になり、そして、日本の製造業は壊滅的状態です。

確かにトヨタの自動車などの分野は分野はまだ若干強みがありますが、それしたところでTPPのゴリ押しに見られるように、政治の庇護下において成り立っているようなものでしょう。

集団主義の次に求められる思想とは

集自分が個人として社会をどのように捉え、そして、どのようにその社会と対処して生きていくのか、ではないでしょうか。もちろん学校の教員はそのような事を教えないでしょうし、教えることもできないでしょう。

日本の集団性は3000年前から全く進歩していないと理解する事によって、これから自分はどのように生きていかねばならないのかを考える際に大きなヒントになるのではないでしょうか。

今はインターネット自分で調べる気さえあれば、どのような状況でも知識を得る事ができるのですから。

しかし、それでも変わらず日本人は集団主義を受け入れているのです。それが明らかな失敗であると分かっているにも関わらずです。

3000年前の人と同じような行動してもしょうがないですから。早く21世紀の人間になりましょう。集団主義の皆さん。

    ブログランキング・にほんブログ村へ    


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です