企業批判を行い転職を勧めるブロガーを絶対に信用してはならない理由

By | 2016年11月11日
do-not-to-believe-outplacement-blogger

転職を勧めるブロガーのカラクリ

多くのフリーランスの自称「プロブロガー」彼らは、企業のあり方について徹底的にその矛盾点を指摘していることについては、一定程度の評価は与えます。

しかし、その結果として、企業批判の次に彼が次に口を開くのは、「では転職しましょう、その転職については自分のアフィリエイトのリンクから行ってください」というものです。

この転職アフィリエイトのリンクから、一人そこから登録するとブロガーに1000円程度払われるようです。

結局のところ、現在の社会問題を自分の金儲けに利用していると罵られてもしょうがないでしょう。

私がこのようなことの絶えて苛立つのは別にそれで金を儲けるということについて苛立っているのではありません。

広告

なぜ社会問題の根本を見ようとしないのか。

私が苛立っているのは、本来そのようなおかしな企業が存在してしまう社会、しかもそのおかしな企業は、少なからず、どころではなく至る所に存在する社会で、なぜ、その社会そのものについて批判行わないのかという点です。

それは結局、現在起きている問題の根底は何も見ずに、枝葉末節の 部分のみを取り上げ、それを自分の利益に繋げようとしている、そんな姿勢に私は苛立ちます。

それは、転職者の味方のふりをしながら、彼らの不幸を利用した金儲けをしていることと等しいことです。

別に私はブログの言論でお金儲けをしてはいけないとは全く思いません。 むしろ、 主張というエンターテイメントに対して、一定程度の見返りはあってしかるべきであると思います。

しかし、問題の根本的解決を行わずに、ひたすら自分の目先の利益を追求するその姿について私は非常に疑問を感じます。

広告

転職サイトの問題点

転職サイトで転職したとして、いい会社に転職できる可能性もありますが、しかしそのような、転職サイトというのは自分たちの利益が最優先ですから、基本的には転職者のことなど何も考えていないのではないかと思ってしまいます。

つまり例えて言うならば転職サイトは株式のブローカー、顧客が勝とうが負けようが知ったことではなく、手数料のみを追求する証券会社、のようなことをやっているのではないかとすら思うわけです。

転職を勧めるブロガーを信用してはなりません

転職、転職と言う前に、まず転職を思っている人々に、なぜそのような状況に現在の社会がなっているのか、という問題を考えてもらうことこそが本当のブロガーの役目ではないでしょうか。

転職を進めるブロガーを信用してはなりません。彼らは社会の問題を何も考えず、自分の目先の利益の為に、泥沼化しかねない転職を煽っているに過ぎません。

広告

※投げ銭(寄付)のお願い※
「警鐘と現象」を応援して頂ける場合、以下のような方法があります。 
・EメールタイプのAmazonギフト券  15円より投げ銭が可能です。 (info[at]keiandgen.net)
 ※一定額以上で記事リクエスト受付けます。
・Amazon商品のアフィリエイト経由での購入   ・楽天商品のアフィリエイト経由での購入
アフィリエイトについては、上記リンクより商品を購入すると、その購入代金の数%が「警鐘と現象」 に寄付されます。
    ブログランキング・にほんブログ村へ    


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)