イケダハヤト氏の周辺観察及、なぜイケダハヤト氏はフォロワーを惹きつけるのか

By | 2016年10月20日

イケダハヤト氏と言えば高知に住み着く自称「プロブロガー」ですが、なぜ彼はそんなに特定の人物を惹きつけるのか、ということについて考えてみたいと思います。

人は断定する人物に弱い

多分これが一番大きな理由ではないでしょうか。

  • 「高知に来ることによって自分の人生が好転する」
  • 「高知に来るとチャンスがある」

そういったイケダハヤト氏のリップサービスを信じてしまう人々、がイケダハヤト氏をフォローするのでしょうね。

実際、イケダハヤト氏は高知でアフィリエイトで煽り記事を書いて、収入を得ているのは間違いではないのですが、それを誰しもが出来るかというと、それは全く別だと思うのですが。

イケダハヤト氏のブログが現状の seo において、ドメインの期間の長さであるとか、記事の多さであるとか、そういったバックグラウンドがあってこその現状のアフィリエイトの収入源であるにもかかわらず、それをイケダハヤト氏は誰もができるかのような喧伝をしているという事実があります。

ただ、「それは一定の時間がかかる、大変である」という事も言い訳的にはイケダハヤト氏は書いているのですが、大部分は「ブログで儲かった!儲かった!」なのですよね。

イケダハヤト氏を信じてしまう、そう考える時点で心の問題というものがあるのかもしれません。まあ、もともとイケダハヤト氏を利用としている者も存在するようですが。

イケダハヤト氏はそういった心が弱った人々をフォロワーとして祭り上げられる事によって、自分がいかにすごい存在であるかということを誇示しているのではないでしょうか。

広告

イケダハヤト氏を持ち上げるメリット

フォロワーがイケダハヤト氏をブログなりTwitterなりで持ち上げることによって、それはイケダハヤト氏のSEOへ対してはプラスとして働く効果は大きいでしょうし、逆にイケダハヤト氏が「フォロワー」を紹介することによってアクセスを送る、つまり、アフィリエイト収入を与える、という見返りも与えられますし。

広告

まとめ

つまり、一時的精神の安定とそれを利用する事による相互利用ということですね。

例えば、これまでの新興宗教であれば、それが金という一点のつながりにおいて成り立ってきましたが、インターネットの世界においてそれはアクセスのトレードというものに置き換えられるのかもしれません。

つまりアクセスの交換による擬似的思想団体という風に考えることができるかもしれません。

広告

※投げ銭(寄付)のお願い※
「警鐘と現象」を応援して頂ける場合、以下のような方法があります。 
・EメールタイプのAmazonギフト券  15円より投げ銭が可能です。 (info[at]keiandgen.net)
 ※一定額以上で記事リクエスト受付けます。
・Amazon商品のアフィリエイト経由での購入   ・楽天商品のアフィリエイト経由での購入
アフィリエイトについては、上記リンクより商品を購入すると、その購入代金の数%が「警鐘と現象」 に寄付されます。
    ブログランキング・にほんブログ村へ    


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)