なぜ日本は没落が進むのか、その真相、社会衰退の無為無策と為政者の本音

By | 2017年4月5日
japan-ruin-moving-forward

なぜ人口減少に手を打とうとしないのか

今、人口減少が問題となっています。それは人口減少と少子高齢化とのセットで生じ、日本の景気の回復の見込みがなく、また、それによって現実的に地域が消滅するなど、これまでに日本の経験した事のない問題となっています。

それらの問題は政治が本気になって介入すれば、いとも簡単に解決できる事ばかりであるように見えてなりません。

それは労働問題を例に取るならば、労働時間の総量規制と残業時間の規制を行い、それを極めて厳しい罰則を付けた上で実施する。そして、その実効性を担保するために、労働基準監督官を増やす。無論、彼らは「歩合制」で雇う。そうすれば役人といえど、死ぬ気で働くでしょう。

所詮、役人というものは自分達の給料や地位が保障されてい状態では、まともな働きは期待できないでしょう。

そのため、歩合制という、努力すればするほど自分の収入を得ることができる、そしてそれは社会貢献できる、そのようなシステムを構築する必要が絶対にあります。

また、一罰百戒としてサービス産業などさせた経営者に対し、企業がそのペナルティで傾くレベルの制裁金、実刑などを課せば、ブラック企業を経営する事そのものが無意味な、極めてリスクの多い選択となるでしょう。

現在のブラック企業がサービス残業をさせる理由とは、サービス残業をして摘発されたとしても、書類送検で済んでしまう、それは過労死などのおぞましい事態が生じたとしてもです。

そのような状況下ではブラック企業が「サービス残業をさせない」という選択自体がありえないでしょう。そのため、サービス残業をすることによって企業に対し極めて強い罰則を与えなければサービス残業などをなくなることは絶対にありません。

それらはひいては労働環境の改善、すなわち、少子高齢化についての切り札となるでしょう。


広告


為政者達の本音

ではなぜ、政治家はそれらの具体的対策を行おうとしないのか、それは彼らが国民の側を向いているのではなく、産業界の方向を向いているからです。

「産業振興」との名のもとに産業界にとって都合の良い政策を行い、産業界から有形無形の政治献金を受け取る。また、それらの産業界の御用組合での選挙の際の票集め、それらが政治家の自己保身の手段、もしくは収入手段となっているため、それらの現在起きている問題に全く着手する事ができないのです。

つまり、彼らの利権のために、この国が劣化しているということです。しかしその根本的な原因とは政治に全く無関心な国民、ということになってしまうのですが。

国民は政治に無関心になり、そしてその結果さらに政治が悪化していくという悪循環に陥っている、とも言えるでしょう。


広告


人口が減れば利権は死守される

社会の人口が減ることは政治家たちにとって、自分達の利権を死守するという意味においては決してマイナスの事ではないのです。

それは人口が減っていく際に、それらの業界に対し業界団体などを設置し為政者の利権を生み出し、その一方でバーターとしての政治的介入を行いつつ新規参入の規制強化などを行えば、現状で存在する企業は生き残ることができるのですから。

自分たちが生き残るための方向性を政治と組んで作ることができるのですから、産業界、政治家双方にとって、少子化など痛くも痒くもないでしょう。

また、本当に労働人口が減少すれば、現在の外国人研修生という名の奴隷的労働者をさらに導入を促進して行くのかもしれません。

もっとも、外国人の彼らの母国の発展に伴い、日本へ行ってまで奴隷的労働を行いに来るのか、についてはは甚だ疑問ですが。

絶望へと向かう日本

日本の未来は人口、経済などを含め、すべて縮小の方向性しか存在しません。

将来的に見れば、現在の2017年は、「当時はまだ良かった」とすら思う可能性が極めて強いのではないでしょうか。まだ、悪化は始まったに過ぎません。

恐らく今後、衰退はさらに悪化し、そして社会は退廃していくでしょう。そのような中で、一人一人が社会が衰退していると認識し、それに対応する生活スタイルを築いていくことが極めて重要なことなのではないでしょうか。


広告


    ブログランキング・にほんブログ村へ    


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です