三原じゅん子議員の26歳差婚について、年の差婚の現実と彼女らの思惑

By | 2016年10月27日

あくまでも噂段階ですが、三原じゅん子氏が内閣入りするか?とのこと。目に見える人気取り内閣ですね。まあ、いいじゃありませんか。世の中の年の差婚カップルに希望を与える、ということで(苦笑)

さて、本来であれば私はこういったゴシップ的な記事を書くつもりはないのですが、三原じゅん子氏とその公設秘書である中根雄也氏は両人とも公人であるとの考えに基づき、彼女たちについての考察を記述してみたいと思います。

はじめに

三原じゅん子氏、再々婚と検索すると、ウィキペディアの内容を薄く引き伸ばしたようなブログページが多数出てきますが、私のブログでは、私の知識に基づき三原じゅん子氏の再々婚について別の角度からの検証を行ってみたいと思います。

年の差婚の現実

私の同僚に10歳年上の彼女と結婚した方がいて、その方と三原じゅん子氏の再々婚について色々と話ししていたのですが、やはり年上でも全然性欲ってあるとのことです。いわゆる「夜のお勤め」も週に二、三回はされるそうです。

あと、その方が言っていたのは、歳の差婚、その方は10歳年上の妻なのですけど、彼女はすごく嫉妬心が強い、と言われてましたね。まあ、旦那が若いと年上の妻は心配ですよね。

写真で見ると、三原じゅん子氏は、なかなかお綺麗な方なのですが、それでもやはり旦那が28歳という事から考えると、どうしてもやはり年齢差は絶対に隠せないでしょうし、どんなに努力をしていても人間はそれ相応の年齢による体の変化もあるものです。

三原じゅん子氏の場合、旦那が国会議員である自分の公設秘書とのことなので、旦那の行動を全てコントロール下における、という意味では嫉妬は起きにくいのかもしれません。

色々調べると、三原じゅん子氏は子宮頸がんにより子宮を摘出されているそうで、妊娠は無理でしょうし、旦那さんも子供はもう諦めているのでしょうかね?

これはどうなのでしょう?男性としては、やはり子供を残したいと思う気持ちは私はすごく理解できますが、まあ、三原じゅん子氏は非常にお綺麗な方なので、男性の子孫を残す本能すら忘れさせてしまうような魅力溢れた女性だったのかもしれません。

広告

マスコミでは絶対に報道されないであろう彼女らの将来について

さて、ここまでは比較的、肯定的に書いてきましたがもう、少しリアルな話を書いてみたいと思います。

三原じゅん子氏は今、52歳とのことで旦那さん28歳、10年後は三原じゅん子氏が62歳旦那が38歳、なかなか夜の生活は特殊な状況となるかもしれませんね。

しかも、この旦那、以前、市議会議員として出馬して落選した、とありますが、恐らく三原じゅん子氏の威光を借りて、まずは県議会議員にでもなりたいと思ってるのでしょう。実際、市議会議員よりも県議会議員のほうがも新規の議員は通りやすい、と言いますし。

まあ、万が一県議会議員になった場合、当然、夜の接待とかもあるわけです。無論、高潔な議員はそういった事をしないのかもしれませんがね。

旦那の10年後の男性の38歳とは、全然、性欲真っ盛りの時期です。私はまだその年齢とは全然違いますが、他人事ながら心配ですね。

それ以前に、一度ガンを発症した方が10年後なり、20年後に生きている確率、というのは、そうでない方よりも極めて低い、ということも重大な事実かもしれません。世の中には「弔い選挙」というものがあり、死亡した議員の息子や旦那が何の実績もないのに、議員になる、ということも多々ありますね。まあ、それを旦那がするかどうかは、さておき、ですが。

あと、地方の国会議員や県議会議員は妾を囲って、妾に子供を産ませるようなことも多々ありますね、まあ、そんな議員も居ますよ、ということです。

広告

公人であったとしても恋愛の感情は尊重されるべきだ

あるマスコミに公設秘書と、議員が恋愛して結婚するのはいかがなものか、というような論調で書かれていましたが、私は全然いいと思いますよ。まあ、自民党ですからね。

まともな有権者は自民党議員には何も期待してませんから。自らの権力欲と金銭欲と性欲に赴くままに突っ走る、それこそが自民党のあり方でしょう。極めて自民党議員としては自然です。

私としては自民党の議員が結婚したからといって、祝福などするつもりは毛頭ありませんが、たまにはこういったゴシップ的な記事も良いかと。

まあ、せいぜい末永くお幸せに過ごしてくださいな(w

広告

※投げ銭(寄付)のお願い※
「警鐘と現象」を応援して頂ける場合、以下のような方法があります。 
・EメールタイプのAmazonギフト券  15円より投げ銭が可能です。 (info[at]keiandgen.net)
 ※一定額以上で記事リクエスト受付けます。
・Amazon商品のアフィリエイト経由での購入   ・楽天商品のアフィリエイト経由での購入
アフィリエイトについては、上記リンクより商品を購入すると、その購入代金の数%が「警鐘と現象」 に寄付されます。
    ブログランキング・にほんブログ村へ    


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)