ブロガーがマックを使う理由 ブロガーのイメージ戦略としてのマック

By | 2016年10月28日

なぜブロガーはマックを使うのか

結論から言うと、ブロガーがマックを使いたがる理由は、ブロガーが自分がクリエイターと名乗りたいから、というのが最大の理由でしょう。

クリエイターとして有名な業界といえば、デザイン業界であるとか、音楽業界なのですが、それらの業界でマックはデファクトスタンダード、つまり業界標準として使われているのです。それにブロガーが乗っかった、というのが現実でしょう。

マックを使うことによって、それをブロガーがいい機材を使ってると思い、それによってモチベーションが上がり、良いコンテンツが書ける、ということも実際にメリットとしてあるかもしれません。

まあ、PCの種類によって出来上がるコンテンツに差がある、その時点でもう一流とは言えないのですけどね。


広告


他の分野のクリエイターではなぜマックを使っているのか

例えばクリエイターと言われる職業、デザイナーであるとか、音楽関係、そして忘れてはいけない医療関係などはマックが業界標準として使われています。

なぜそれらの業界ではマックが標準語として使われているのか。

古くからの伝統で、ウインドウズに比べてマックの方がそれらの境界で実用的な環境を揃えるのが早かった事が最大の原因です。特に印刷系、つまりデザイナーがつくったデザインを実際に出力する印刷屋でマックを入れているため、データの文字化けなどを回避するためにデザイナーはマックにせざるを得ない、という理由もありました。無論、当時からでもwindowsでも出来たのですが、やはりデータの互換性などにおいての安心性、という意味で、マックのほうが主流になりました。それは音楽業界においても同様です。

まあ、医療業界の場合は、上記に付け加え、徒弟制度が強いのと、金銭的余裕があるため、という側面もあるでしょう。


広告


ブログでマックを使うことの問題点

ブロガーがマックを使っているのは、正直オーバースペックです。ブロガーが使っているソフトウェアは写真の簡単な加工ソフト、テキストエディタとプラザぐらいでしょう。それらをマックで使う必要性はありません。ウインドウズでも十二分に可能ですし、何ならlinuxだけで完結させることもできます。正直な話、ウインドウズのほうがフリーソフトの数で言えば、より多様な制作環境を構築できると思うのですが。

ブログがマックを使う理由の不健全な側面

ブロガーがマックを使う、そのイメージそのものでしょう。

「ブログを書くとこんなにお金がもうかる」と「プロブロガー」は言い、そのイメージを補強するためにマックを使用する、つまり、マックを使えるほど「儲かっているクリエイター」という言うメージをさらに付加するために。

それに対して、その「プロブロガー」のフォロワーもブログを書き始める。そこで元のブロガーのイメージを継承し、マックを使う、また、成功体験としての象徴としてマックを使う、その連鎖ではないでしょうか。

まあ、正直な所、ブロガーがマックを喜々として使っているのは自らが情報弱者、と告白しているもの、と言えるかもしれません。

本当に技術があれば、windowsでもlinuxでもマックでも、操作性には全くは関係ないと思うのですけどね。そのOSで必要なツール自分で作っちゃえばいいんですから。ブログって結局はテキスト処理なので、それはどんなOSでも可能ですから。


広告


    ブログランキング・にほんブログ村へ    


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です