なぜ労組は左翼なのか、右翼的な労働運動がない理由、もしくはアイディア

By | 2016年12月23日
right-wing-labor-union-idea

なぜ労働組合=左翼なのでしょうか

労働運動といえば左翼、というイメージですね。

無論、労働運動にも、民進党系の経営とべったりの黄色組合から、経営側との妥協を絶対に許さない、過激派の下部組織とも言えるような運動まで、様々な種類があります。

左翼と労組が親和性が高い理由、それは左翼そのものが労組と深いつながりを持っているためです。例えば現在の民進党を「左翼」と仮に定義するならば、民進党の最大の支援団体は「連合」と呼ばれる大企業の労働組合の連合体ですし、また、それは社民党、共産党ともに自党の影響下の労組を持っています。

それらは野党の選挙対策として極めて重要な活動手段となりえます。ただ、では民進党が「左翼」か?と問われると民進党全体がそうであるとは思えませんが。

また、別の根底意識としては、「反権力」の思想があります。つまり、現在の為政者の代理として経営側を捉え、それに対する「反権力闘争」の代理闘争として労組を通じた運動を行っている左翼団体もあります。

無論、私はこのような方針には全く賛同できませんが。

労働組合での働く者の権利の主張はそれは政治とは切り離されるべきである、と考えています。政治的イデオロギーと働くものの権利の意図的な混在こそ、現在の劣悪な労働環境を生み出した別の一因、とすら考えています。

それは、もともと守られるべき働くものの権利を擁護するように見せかけた、単なる自党勢力の拡大運動に過ぎません。

右翼の労組は見たことがない

私の知っている限りにおいては、右翼が労働運動している例はありません。

右派による労働運動は、むしろ、それらがあっても面白いと思いますし、不自然とは思いませんが。

左翼の労働運動とは、横断幕持って、シュプレヒコール、それらの「伝統的行動」はもうカッコよいという感じがしないのです。ある意味、それは伝統芸能、とすら思ってしまうような有様なのです。

むしろ、それよりも黒い服を着て、サングラスをして、日章旗を持った人々がトランジスタメガホンで、経営者の事を

「売国奴○○社長!出てこい!勤労者に違法サービス残業をさせるな!」「させるなー!(シュプレヒコール)」

「犯罪行為の残業代不払いの売国奴、○○社長は日本の敵だ!」「日本の敵だー!(シュプレヒコール)」

「公共の敵○○社長は我々、「大日本勤労者組合」と今すぐ団体交渉をせよ!」「団体交渉をせよー!(シュプレヒコール)」

とその企業の前で罵っている訴えている方が、よほど見た目も面白いですし、また一般の人々も一体これは何事か、と耳目を集めやすいのではないかと思うのです。

広告

サービス残業をさせる企業は「国賊」である

サービス残業をさせている企業は、従業員にしかるべき賃金を払っていない法律違反であることはもちろんですし、またサービス残業をさせることによって、内需の低迷を招いている、それはすなわち、この国の経済的衰退を招いています。

それは、サービス残業をさせる企業の経営者とは、国賊と罵られても決して的外れなことではないように考えます。

本来、右翼もそういった労働問題についてテーマとして扱うことは何ら問題はないと思うのでが、現時点ではそれが全く出来ていません。

広告

なぜ右翼は労働運動を「扱えない」のか

なぜ、現在の右翼がそのようなテーマを扱えないのか、それは右翼が暴力団の下部組織であったり、もしくは総会屋的に企業から金を引き出す事を目的としていたりするからなのです。つまり、「反社会的勢力」との関連が極めて強いのが彼らの現実と言えるでしょう。

また、右翼の思想性は左翼に比べて貧弱です。現在の社会を無条件に肯定、保守することが自分たちの役割であると考えているため、国民の労働環境がどうなろうと知ったことではない、という根底意識も存在するでしょう

無論、そうではない純粋な思想団体が存在していること、勤め人としての稼ぎを費やして、純粋に政治的主張を主張するためのみの右翼団体が存在することも私は認識していますが、それは基本的には「例外」と考えても差し支えないレベルの数です。

つまり、彼らの多くは「愛国、愛国」と言っていますが、その実は全然その国の主権者である国民を守ろうとはしていない、ということです。

無論、彼ら曰く「日本の主権者は国民ではない!」と主張するのでしょうが、それにしたところで、赤子たる国民が貧富の格差に喘ぎ、悪徳企業が蔓延る国家を肯定する理由には全くなりえません。むしろそれは社会の崩壊を傍観し、加担すらしていることと等しいのです。

そのため、右翼が労働運動をする事に全く期待は持っていませんが、企業に対する言論パフォーマンスの一環としてであれば、「あえて」左翼的なスタイルではなく右翼的なスタイルで「楽しむ」という方法もありかもしれません。

ブラック企業に対するパフォーマンスの可能性として

今のところ、そのような「右翼スタイル」の労働運動は存在しないので、そのような光景をブログやyoutubeにアップすれば、多くの耳目を集めるのでは無いでしょうか。

ブラックな経営をしている企業にとって、一番嫌なことはwebでその企業がブラック企業である事実が世間に広く知れ渡ってしまうことです。

そのため、「パフォーマンス」としての「右翼的労働運動」の効果は高いかもしれません。

そもそもサービス残業をさせない、残業代機をきちんと払う、パワハラをさせない、きちんと有給休暇を与える、それらの、「企業として当然の事ができてない」のですから、それをウェブで炎上してネット民のオモチャにされたところで、それは企業側の自業自得としか言いようがありません。

広告

    ブログランキング・にほんブログ村へ    


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)