大学生、求職者のSNS使用は就職活動で大幅にマイナス評価になる理由

By | 2016年8月11日

意識高い系の大学生とかリア充どもがTwitterやSNSで色々と書き込んでいるようですが、心の底から私はうざいと思っています。

少しだけ人事担当との関係もある私が、「まともなお仕事」をしている社会人として意識高い系の大学生たちに上から目線でアドバイスをしようかと。

広告

意識高い系のTwitter、SNSは企業にとっては脅威です。採用しません。

どこに行ったとか、誰とあったとか、それでどう考えたとか、それをTwitterの短文でダラダラと垂れ流している大学生、求人者、それは企業にとっては脅威にほかなりません。

いつ面接をしたか、どんな内容で試験をしたか、どんな業務内容をこちらが提示したか、そんなことを書かれると企業にとってはマイナスしかありません。たとえそれが企業名を書かなくとも、です。

少なくとも私は求職者の名前でウェブを検索して、求人者がSNSを実名で使っていた時点で、採用そのものに反対しますし、少なくとも私の部署には来てくれるな、と断言しています。

仕事の技術は幾らでも後付できますが、SNSに嬉しそうに書き込むマインドは修正のしようがありません。

広告

金が欲しいの?

カネがほしいのならまじめに働きましょう。真面目に技術を身につけましょう。独立をしたいのであれば、その旨きちんと「言うべき人に」言いましょう。

ウェブで言いふらしまわっても、逆にそれは「足を引っ張る人」を多数生み出すだけです。また、異業種交流会とかも全く意味がありません。あれは「しかるべき実績とバックボーンのある人々」が仕事のつながりを作るためであって、ウェブに何でもかんでも言いふらすような奴らはいかがわしいネットワークビジネスなどに利用されるだけです。

異性が欲しいの?

「オシャレ(w」な店での食事だの合コンだの、そういった遠回りの努力をする暇があれば、おとなしく風俗にでも行きましょう。性欲でギラついた状態での異性との出会いはろくな結果をもたらしません。

自己成長したいか?

意識高くしてもいいことありませんから。外見を整える事の重要性は理解しますが、そんなことは金をかければ誰にでもできることです。

下らないSNSに書き込む時間があれば、本の1冊でも読みましょう。それは必ず人生にメリットをもたらします。

ウェブ、特にSNSってコンテンツを書けば「何かをした気」になれますが、それは誤りです。むしろ、逆に書いた者の信用を貶めていることのほうが多かったりします。その代表が「意識高い系」ということでしょうね。

広告

まとめ

SNSで自分のライフスタイルを公開する時点でSNS開発者を筆頭とする誰かに利用され、かつそれは自分の社会的信用を低めていることに気づくべきです。

あなたの書いたコンテンツは「つながりを生む」ではなく、それらのコンテンツに強制的にアフィリエイトをつけるなり、広告を強制挿入するなり、「誰かに利用」されているだけです。

そのようなビジネスの形態を促進したいがための「SNS神話」を作っていることに気づきましょう。

    ブログランキング・にほんブログ村へ    


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)