秘密を守る仕事、秘密保持と沈黙できないものは社会から淘汰される

By | 2017年10月25日
secret-retention-work

秘密を守らないものは社会から淘汰される

今私が行っている仕事は、かなりニッチな分野なので、ブログを書く際にそこでの独自の用語などを極力使わないようにかなり心がけているつもりです。仕事とは、そのその仕事についての守秘事項義務があり、クライアントからいかなる秘密の話を聞いたとしてもそれを絶対に漏らさない、その積み重ねこそが、お互いの信用を勝ち取るです。

ブログ本名で記事を書いている者がいますが、私は基本的に、フルネームで本名でブログを書いている者については信用をしません。

それがアクセスは力でプロブロガーなどと名乗っている場合は、その者が書く記事とはアフィリエイトありきの記事であると認識しますし、逆にそれが一般のアクセス狙いではない者が書いているブログであったとしても、フルネームの本名を書くと、思わぬところから仕事の守秘情報を漏らしかねない人物であると認識せざるを得ません。

自分の名前を出してブログを書く事とは、その人は何をしている人物であるか、自分の思う以上に、自分の書いたテキストから自分の情報というものは流れだしているものです。それは仕事に対する守秘義務の怪しさという面おいて極めて疑問を抱かざるを得ません。

広告


秘密をお互いに尊重できないものと付き合えない

自分がどういう仕事をしているかについて、私は「技術職」とは言いますけれど、それ以外は一切細かい事を言うつもりはないですし、聞かれても言えません答えれません。

こちらが守秘義務を負っている事を察し、そしてそれ以上の詮索をしない人物は交流に値すべき人物であると私は考えますが、こちらが隠そうとしているにもかかわらず、それを詮索する人物について、私は交流すべきではない人物と考えます。それはたとえ仕事において、さえもです。

広告


本名での発言は沈黙せよ

「沈黙は金なり」との言葉がありますが、正しく真実を表す言葉ではないでしょうか。何でも簡単ペラペラと、喋らなくとも良いことまで言ってしまうのは、自分の承認欲求や、その場が持たないため、聞かれもしないことを喋ってしまうのでしょう。

その場の雰囲気が悪いのであれば黙っていればいいのです。黙って何かを考えているふりをしていれば相、手は勝手に概ね良い方向に受け取ってくれるものです。少なくとも何かを無駄なことをしゃべることはマイナスの影響をする方が多いのではないでしょうか。

広告


しかし、それがゆえにこのブログは存在しているのです

私のブログのような、政治的な面もしくは自分の考えていることを、そのままストレートに書くブログは、あまり現在のブログ界におけるメインストリームではありません。

ただ逆説的に言ってしまえば普段仕事で秘密を守らねばならない、そして絶対的公平かつ中立を求められる仕事であるからこそ、自分の主義主張や心情については、ブログで言いたいときに、言いたいように書く事が、精神衛生上よろしいことなのかもしれません。

無論、それはアクセスありきではない、との考えであるからこそできる行為なのですが.

※投げ銭(寄付)のお願い※
「警鐘と現象」を応援して頂ける場合、以下のような方法があります。 
・EメールタイプのAmazonギフト券  15円より投げ銭が可能です。 (info[at]keiandgen.net)
 ※一定額以上で記事リクエスト受付けます。
・Amazon商品のアフィリエイト経由での購入   ・楽天商品のアフィリエイト経由での購入
アフィリエイトについては、上記リンクより商品を購入すると、その購入代金の数%が「警鐘と現象」 に寄付されます。
    ブログランキング・にほんブログ村へ    


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)