テレビを見るのをやめにしませんか 時間と空間とエネルギーの無駄として

By | 2017年3月17日

何が悲しくて衰退するテレビ業界 に未だに学生など就職するんでしょう。

テレビほどお先真っ暗な業界はない

将来的にはテレビは、老人と、低所得者しか見る者がいなくなる業界と言えるでしょう。

それは正確には将来的により、もはや現在でもそうですがなのですが、なぜ学生はそのような業界に入るのでしょう。

若い人でテレビを見ている層はスマホゲームなどをしている層と重なるのではないでしょうか。

つまり、彼らは自分から何かを調べる発信型の検索ではなく、ひたすら受動的な行動、それはスマホゲームとテレビとは非常に共通の者たちがテレビのユーザーとして最後に残るのでしょう。

つまり、テレビ局はそのような者たちに対し、彼らのレベルに合わせた番組を作ることになるのです。

テレビ局の本社であれば、そこでおいしい思いをする事が可能なのかも知れませんが、子会社、その下請けのアシスタントディレクターなど、なぜ仕事をしているのでしょうか。正直全く理解に苦しむ仕事です。

広告

テレビ自体が不要である

そもそもバラエティ番組など動物園のサルが檻の中で騒いでるような、どうでもいい、くだらない、まさしく現在の社会問題の本質をそらす、もしくはそれらの問題を直視させないために、バカな番組を延々と垂れ流しているのではないか、とすら思えてしまいます。

テレビ局でCM を流している製品を私は絶対に買いません そんな物を買うのはテレビ CM に金を払って買っているようなものです。

テレビ局はコネ、は縁故採用、もしくは口利が当然のようにある業界と言われています。全く理解に苦しむ文化です。

もうテレビ業界自体を潰してしまった方がよいでしょう。そもそもテレビは個人の時間を奪う、そしてどうでもいい事を垂れ流す、人生の時間を浪費させる、そんなネガティブなイメージしかありません。

テレビの話題についていけないのは問題ではなく、テレビを話題にしている時点で、

「お前の人生はそれでいいのか?」

と真顔で問い詰めたくなります。

芸能人の誰かが結婚した、もしくは離婚した、そんな事はどうでもいい事です。

そんな事より、今日帰ってご飯を何食べよう、いかにして仕事を楽に早く終わらせよう、そちらの方がよほど大切な議題でしょう。

広告

テレビは時間の無駄である

同じ事実を伝える場合、映像と文章で伝えるのであれば、文章は映像の十分の一の時間で同じ事実を伝える事ができます。

テレビの表現手法は針小棒大、もしくはどうでもいい事を、さもそれが重大であるかのように誤認させる事が常套手段として行われています。

広告

テレビは自滅し消滅する

テレビの問題で唯一救いがある事とすれば、テレビそのものが自然と衰退し、そして自滅する業界であることでしょうか。

もはや事実上、テレビは文化の主役から引きずり降ろされている状態と言えます。しかし、当の業界人達は未だに自分たちが文化の第一線にいると勘違いをしているようです。なんとも哀れな「文化人」たちです。

そもそも、テレビを見ている時点で恥ずかしいですね。ましてやテレビ番組を作っている時点で、もう人生お先真っ暗ですとね、とすら思えてしまいます。

    ブログランキング・にほんブログ村へ    


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です