2020年東京オリンピックを直ちに中止すべき理由 60年前と変わらぬ日本社会と衰退

By | 2017年2月6日
tokyo-olympics-suspension

東京オリンピックへの為政者の狙い

2020年の東京オリンピックでは嬉しそうにハコモノを山のように作りたいのでしょう。

昨年開かれた岩手国体は、私の住んでいる地域の近くということもあり、散々ハコモノが作られる光景を見ましたが、東京オリンピックはこの何倍ものスケールでハコモノを作るのでしょう。

東京オリンピックは最初はコンパクトな設備で開くオリンピックとかって言ってませんでしたっけ?

そして、費用のかからないオリンピックとか言ってませんでしたっけ?一体何がどうして、ハコモノに金を掛けるオリンピックになるのでしょう?

そもそも、日本は今、少子化少子高齢化のどん底の状態で、そんなオリンピックをする暇があるんでしょうか?

前回の北京オリンピックにおいて、日本の保守派が言っていた「中国の景気はオリンピックまで」という言葉を「日本の景気は東京オリンピックまで」とそっくりそのままお返し致したいと思いますね。


広告


3.11と2020年東京オリンピック

3.11が起こった時、そして復興だっという名目のもとで税金がジャブジャブと使われ、それに対して国民は何の反発も表面上はありませんでした。

その動向を為政者はよく見ていて、オリンピックという錦の御旗があれば、ハコモノに税金をいくら使っても国民は怒らないであろうと考えているのでしょう。

結局3.11における地震の復興事業であるとか、岩手国体であるとか、そういった国家的事業やイベントについては、もう土建屋と政治家が跳梁跋扈している、というのが正解でしょう。

レガシーとしてオリンピックのハコモノは後世に残すべき、などと言う話もありますが、毎年、えんえんと管理費がかかるのは理解ができないのでしょうか。

そもそも論として、にオリンピックが本当に開けるのか、という話もありますけど、もし本当にオリンピックを開催し、外国人の選手が来たら、ガイガーカウンターを持ってくるでしょうし、彼らは都内のホットスポットを暴き立てるでしょう。


広告


外国の選手のみなさまようこそ

現在のオリンピックロゴ以前の、問題として取り上げられた旧ロゴがありますが、あれを東京オリンピックの際には、引き伸ばして横断幕にでも印刷し、その横には放射能の危険マークを乗っけて、「 ウェルカム外国人選手 放射能ニッポンへようこそ」と主張したら楽しいですね。


広告


1964年の東京オリンピックと何ら変わらない

大義名分の下にハコモノをつくる、という神経は1964年の東京オリンピックから何にも発達してないように見えます。

結局、ことあるごとにハコモノと。政治屋はそれしかできないのか、と。

美しい国日本ではなく、恥ずかしい国日本ですよね。本当に。

結局それは、日本人のメンタリティもしくは日本の利権構造が50年以上にわたって何ら変化していないということでしょう。

オリンピックなどの国家的なスローガンがあれば、そこに向けて税金を着々と投入することについて誰も文句を言わない、言えない、そんな雰囲気を作り出しているのでしょう。


広告


国民以外誰も損をしない

なぜ政治屋たちはハコモノを作りたがるか、それはハコモノをつくる土建業者が政治献金という形で、政治屋大センセー方にたっぷりとお金が入ってくる、ということを疑わざるを得ません。そして、ハコモノを作ることを企画した役人たちは建設業者に役員として天下りをするのでしょう。

つまり、誰も損をしないのですよね。国民を除いて。

本当にオリンピックが中止されるかもしれない

あまり言われてないのですが、東京に大地震が来る可能性は高いと思います。それが果たして2020年の前か後かそれはわかりませんが、もし2020年の前に来た場合、確実にオリンピックが中止されるでしょう。そんなことがなくとも、オリンピックを直ちに中止すべきですが。

    ブログランキング・にほんブログ村へ    


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)