社会衰退の観察としてのウェブ、2018年版、ブロガーたちの衰退が始まった

By | 2018年12月28日

お断り

もう2019年になってしまったのですが、とりあえず2018年のブロガー界隈の観察の報告、もしくは、自分の備忘録として記述しておきます。

特にブロガー達は、自分にとって不都合な事は絶対に発言しませんから、VALUはどこ行ったのでしょう? ビットコインはどこに行ったのでしょう?

広告

社会衰退、待ったなし

政治的な話題で言えば、一番2018年で大きい話題は外国人労働者の導入です。

これは就職氷河期世代を見殺しにする、と為政者達が吐き捨ている事と等しいと言えます

また、大本営発表では景気は良くなっている良くなっている、と繰り返しますが、実際のところ、給料は上がらず、消費コストだけは向上する、スタグフレーションとも言えそうな、ひたすら社会衰退の状態となっています。

そのような衰退する社会を表す一面として、インターネットの世界、すなわち、虚構の世界について2018年を振り返った記事を記述します。

広告

Bライフ系

Bライフ系そのものが悪い、と主張するつもりは全くありません。

しかし、それは裏を返せばバラック小屋では?と考えてしまいます。そして、そこに住むのは単身者が多いのもまた事実。

ただ、逆に夫婦で「洗練されたBライフ」をすれば、社会のあり方を大いに問いうる、と思うのは私だけでしょうか?

カネに使われるのではなく、社会システムの利用としての最低限度の生活を「意図的に行う」。

それらの方針を示している可能性もあります。

結局の社会は不安定雇用が常態化してゆくでしょう。

少子高齢化が進み、労働力人口不足が起きたため、若干の就職状況の好転が起きていたにも関わらず、「産業界の要望」とやらで外国人労働者を導入する事が決まってしまった。

つまり、金持ち、人を雇う側にとっては良い事かも知れませんが、一般の働く者にとっては今後、はひたすら就労状況が悪化する事が見込まれます。

そのような社会環境で、Bライフとしてシンプルな生活をする。衣食住を意図的に最低限に切り詰め人生を楽しむ。

そのような生き方は、今後、必須の考え方となっていく可能性すら、存在すると私は考えてしまいます。

広告

「儲かった!」系「ブロガー」

なぜ「」付きでブロガーと書くのか?

それは、彼らはもはや「ブロガー」ですら「いられない」状況になりつつあるからです。

空虚な議論をいかにして広めてゆくか?

そのためには自分の売名のためのメディアは文章でも、動画でも、音声配信でも関係ないのです。

とあるブロガーはブログを書く事によって自分の名前を売り、最近は、YouTubeに「活動」の場を広めているようです。

しかし、結局のところ、「あなたの主張は一体何なのか?」という事が問われると、「金もうけ」の一言ではないのでしょうか?

その他のブロガーも、多くの場合、主義主張が存在しないように見えてなりません。

結局、彼らが主張しているのは、「自分がいかにして金を儲けるか」、それだけにしか見えないのです。

スピリチュアル系

実は私の身の回りでも洗脳された人物が存在しました。

そもそも私はスピリチュアル系に全く興味がないです。

そのような非科学的な存在について、全く信用も興味がありませんから、それらのスピリチュアル系のウェブページを見ると、ひたすら胡散臭い、としか思う事ができないのです。

余談となりますが、それらのWebページを見ていると、まるでホストクラブ的、もしくはホステス系デザインとでもいえばいいのでしょうか?

本当の意味における精神世界とは、古典的仏教、すなわち、全てが無につながる考え方、つまり、欲望のコントロールであると考えます。

ところが、それらのスピリチュアル系のホストクラブ的なデザインは欲望丸出しの違和感として意識せざるを得ません。

人生を楽しむことは必要ですが、虚栄心は人生を破滅させるものです。

「ブロガー」衰退元年としての2018年

アフィリエイトブログを「個人が作る事ができていた」時代がついに終焉の始まりを見せた年代、としては2018年と考える事ができるのではないでしょうか。

事実、検索の結果に「企業が作ったアフィリエイトページ」が出てくることが増えました。無論、その様なページは即刻、検索ブロックを行いますが。

上記でも少し書きましたが、とある自称プロブロガーは、もはやブログはあまり記述せず、行わず動画配信の方に出力を置く、などと主張しています。

とはいえ、ある意味ではそれらの「ブロガー」のブログ離れは良いことだと考えますが。

多くのブロガーたちは、自分のアフィリエイトの収入目的で、ある事ない事を書いたブログを量産しています。

それらのブログとは、残念ながら、取り巻きたちのリンクの力などによって検索の先頭に出やすい事もあります。

それは検索結果の汚染と同義語です。それらの検索結果の汚染を行っているブロガー達が、動画に主軸を移す事によって、検索結果が随分とまともになる、それ自体は歓迎するべき事ではないでしょうか。

広告(アフィリエイトタイプ)

    ブログランキング・にほんブログ村へ    


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)